プロボノAD:中間提案をする | mycontribution.net

プロボノAD:中間提案をする

20130303-090537.jpg
 
年末ぎりぎりのキックオフから3ヶ月、プロジェクトメンバーは、関係者へのインタビューを中心にプロジェクト活動を進めて来た。
その活動のとりまとめをし、NPO様に、リニューアルするWebのターゲットとメッセージを明確にするための中間提案を実施した。


実際自分は通常の仕事がハンパなく忙しく、またADという立場である以上、あまりプロジェクト活動自体には関わっていなかったが、メーリングリストでのやりとりやファイル共有サーバの内容を見ながら、またはインタビュー議事録をチェックしながら、状況を確認してきた。
 
プレゼン当日は、インタビューを主に実施してきた、今回プロボノ初挑戦のマーケッター2名が担当。インタビューで得られた意見を、プラスの意見・マイナスの意見でサマリーして、分かりやすくまとめてくれていた。
また、情報アーキテクト担当は、Google Analyticsで過去3ヶ月分のアクセス履歴を分析し、ユーザー動線が提供サービスまで届きづらい現状を明らかにしていた。
プレゼン後のディスカッションでは、NPO様からの質問にメンバーが丁寧に答え、建設的なやりとりができていたように思う。
 
自分はプレゼン資料にタッチできていなかったのだが、ADとして何かまとめたいといういつもの悪い癖(笑)が出て、プレゼン・ディスカッションを通じて、「価値観提供プロセス」のフレームワーク(認知→理解→共感→行動)を使ってNPO様の現状とあるべき姿をまとめて最後にお話させてもらった。こちらも最終的にプレゼン資料に含めてくれるようだ。
 
プレゼン終了後の打ち上げには残念ながら参加できなかったが、きっとまたNPO様とプロジェクトチームメンバーの中で、もっと深い話がされていることだろう。
次はWebサイト制作提案ミーティングが、1か月後。すぐに来てしまうだろうが、次のステップに進めることが楽しみだ。
 
 
 

 

この記事の前後記事

コメントを残す

probonoの最新記事