中国で旅行するなら、このサイトが便利!(新幹線) | mycontribution.net

中国で旅行するなら、このサイトが便利!(新幹線)

(何度かの中国出張・滞在で得た多少の個人的な経験談を共有。皆さんの今後の中国旅行の際のご参考までに。当サイトの主目的とは関係ありません。経験談の目次はこちら。)
 
中国で都市間移動といえば、飛行機か新幹線。特に新幹線は、日本の技術や車両を使っており、一度乗ればその快適さが分かると思います。
もちろん中国政府の公式発表では、中国独自技術だとか、事故で車両を埋めたり出したりとか、まぁいろいろ話題につきないですが・・・。
 
中国の新幹線に乗るときの便利なサイトを紹介しましょう。

中国铁路客户服务中心
http://www.12306.cn/mormhweb/

このサイトでは、中国の鉄道網の予約や残席数の確認などができます。中国でも有名で、国慶節や春節のような中国の連休の前はアクセスが困難になるそうです。

日本人でもおそらくネットから予約可能と思いますが、僕はチケット確保は自分で駅のチケット売り場で買うかホテルのコンシェルジュに買っておいてもらっていましたので、主にダイヤと残席の確認で使っていました。その方法を紹介します。
 
(1)余票查询(残席問合せ)をクリック

 
(2)必要な情報を入力
下記の情報を入力し、「查询」ボタンを押します。

  • 日付  調べたい日付
  • 发站,到站  出発駅、到着駅(これらは中国の漢字で入力しなければなりません)
  • 調べたい電車の種類   新幹線なら动车と直特をチェックしてあればよい
  • 验证码   右側の計算式が正しくなるよう、?に当てはまる数字を入力(例:四+?=8 なので、4と入力します。時々漢字が難しい時があるので、答えが分からない場合は何も入力せずに「查询」ボタンを押すと式が代わります)


 
(3)検索結果を確認
検索結果を確認します。それぞれの出発ダイヤで、查询区間(出発駅・到着駅)、区間动行时刻(出発時刻・到着時刻・所要時間)、余票信息(残席情報)が表示されます。

车次で頭文字が G で始まるダイヤが新幹線です。例としてG7002を見てみると、上海から無錫まで42分、商务座(ビジネスクラス?独立した席らしい)が28席、一等座(いわゆるグリーン席、4列)が184席、二等座(普通席、5列)が783席空いているということが分かります。
 
後はこのダイヤの番号(Gxxxx)と出発駅・到着駅と座席の種類を紙に書いて駅の販売窓口に出すか、ホテルのコンシェルジュに依頼すれば、OK。ちなみに上海-無錫便の二等席で60元(700円ほど)ですので、日本に比べてむちゃくちゃ安いということがよく分かりますね。
 
新幹線をうまく使って、よい旅を!
 

 

 
   

この記事の前後記事

コメントを残す

chinaの最新記事