プロボノAD:プロジェクトをキックオフする | mycontribution.net

プロボノAD:プロジェクトをキックオフする

暮れも押し迫った29日、なんとか今年中にと考えていたキックオフ会議をようやく開くことができた。
休日で誰もいない自社オフィスをちょっと拝借。
 
実際のキックオフは16時からだが、プロジェクトメンバーは意識合わせのために15時から集合して、会議の進め方や今後の作業の進め方を軽く打合せ。新しいツールの活用や年明け以降のインタビュー活動について、細かい決め事をしていく。あと少しでお客様であるNPO様と初めて対面する、という緊張感が感じられる。
 

そしてNPO様を迎え、キックオフ会議を開始。
名刺交換、自己紹介から始まり、プロジェクト活動内容の確認やNPO様の活動紹介、Q&Aを行う。やはりNPO様のサービス内容やターゲット層(これがそのままリニューアルWebのメッセージやターゲットになるのだが)を明確にメンバーが理解することが大事だ。自分はADなので基本的に口出ししないようにしていたが、どうしてもいつものクセが出てしまってついつい前に出て図解してしまった。まぁこれでNPO様もプロジェクトメンバーも、サービスとターゲットの関係が整理できたので良しとしよう。
 
ひと通りの打ち合わせを終えたあとは、懇親会へなだれこみ。色んなネタで盛り上がった。
やはりこういう砕けた話し合いもないと、お互いを分かり合えないし、その上でのいい仕事もできない。飲みニケーションは大事。

 
今回は大学出たてのNPO代表、経験豊富なフリーランスや会社員、クリエイティブ才能にあふれた若手、そしてなかなかこういう場で出会えないパブリックサーバント、とさまざまなメンバーがひとつのチームとなってひとつの目標を実現していく。異業種交流というよりも異種格闘技戦。でもすごく面白い試合になりそう。
 
6ヶ月に渡る新たな旅が、いま始まった。
 

 

 

この記事の前後記事

コメントを残す

probonoの最新記事