水耕栽培と土耕栽培の成長の違いを見る

20140705-170150-61310471
水耕栽培を始めようと思っている方にとって、土耕栽培とどのくらい成長の差がでるのか、というのは気になるところだと思います。
意図的に比較しようと思ったわけではないですが、たまたま枝豆の水耕栽培を始めたときに、余った苗を土のプランターに植えて育てたので、参考のために比較してみます。
ちなみに、水耕栽培の方は自作した水槽を使い、ハイポニカを与えています。土耕栽培の方は特段肥料を与えていませんが、日当たりは土耕栽培のほうがよいです。
植えて1ヶ月で、大きな差が出ています。


まずは水耕栽培の方。
過去に何度か写真をアップしていますが、大きな葉をいっぱい出して成長しています。
あまりにも葉が多すぎるので、2割位カットした状態でも、これです。
20140704-184926-67766057.jpg

 
次に、土耕栽培の方。
6月はけっこう雨が降ったので、水遣りは欠かしていません。
ですがこの大きさ。
20140704-184926-67766470.jpg

 
左が土耕栽培、右の手で持っているのが水耕栽培の葉です。大きさが断然違います。

20140705-170150-61310471.jpg
 
葉の大きさ、背の高さなどを比較してみました。

葉の最大横幅  水耕:6cm  土耕:3cm
おおよその背の高さ  水耕:25cm  土耕:15cm
枝豆の房の数  水耕:11個  土耕:5個

ということで、だいたい2倍くらいのスピードで成長している、ということになります(土耕の葉が6cmくらいまで育つのかどうか分かりませんが)。
水耕・土耕以外の条件がちゃんと同じになっているわけではないので、あくまで参考ですが、水耕栽培はやっぱりすごいですね。
 
 
   

  1 comment for “水耕栽培と土耕栽培の成長の違いを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください