水耕栽培6th:自作の三段水耕栽培水槽を再起動!

先日の6thシーズン開始・トマト棚への屋根設置につづき、今度は三段水耕栽培水槽を再起動していきます。
(なお、これまでの水耕栽培のいろんな試行錯誤と成果は、こちらをご覧ください。)

ちなみにこの三段水耕栽培水槽とは、土のガーデニングから水耕栽培に切り替えたときに使わなくなったプランターを、なんとか再利用したいと思って考えついて自作したもの。作り方についてはこちらをご覧ください。

さて、こちらも再起動は手慣れたもので、とりあえずは組み立て直して水を入れてポンプの電源をON。毎年冬の間はばらして放置しているにもかかわらず、組み立て直すとちゃんと動いてくれるからありがたいです。

苗をセットする発泡スチロールの蓋を載せて完成。一段目の蓋は、冬の間に風に飛ばされてどこかに行ってしまったので、今回新規に作り直しました。二段目三段目はセットする穴が7つあいている(たくさんセットできるようたくさんあけた)のですが、苗が成長するとすごく狭くなってしまうので、今回は5つに減らしました。

ホームセンターからゲットしてきた今年の苗をセット。

一段目は、左手からトウガラシ(タカノツメ)×3とピーマン×1。

二段目は、エダマメ×4。

三段目は、バジル×4。

今年も育てて楽しい&食べておいしいものしか育てません。トウガラシは自作ラー油へ、ピーマンは食卓へ、エダマメはビールのつまみへ、バジルはバジルソースへ、と変わっていきます。

なにげにピーマンは初挑戦。うまくできたら、青椒肉絲やピーマンの肉詰めなどの好物料理に使います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください